ニューボーンフォト

赤ちゃんを迎えた時の、うれしくて、不安で、思い出すとちょっと泣きたくなるような気持ち。そんな気持ちも一緒に写真に収めたい。新生児の赤ちゃんだけが持つ、神々しい美しさを、丁寧に撮影します。

おうちスタジオまたは出張撮影で、大切な一瞬を撮影いたします。

ニューボーンフォトについて

【撮影時期】

・撮影は、新生児湿疹や、赤ちゃんの体内環境の変化などが起こりやすくなってくる生後14日頃より前をお勧めしています。

・14日を過ぎても、3週間頃までの新生児期でしたらニューボーンフォトの撮影は可能です。

・生後1ヶ月を過ぎた場合は、胎児らしいポージングが難しくなりますので、通常のスタジオ撮影として撮影させていただきます。はだかんぼうのお写真もお撮りすることも可能です。

 

【撮影内容】

・所要時間は2時間程度のことが多いですが、赤ちゃんの様子によっては3時間ほどかかる場合もございます。

・小物や布類のコーディネートを3回程度変更しながら撮影します。赤ちゃんの写真のほか、パパママとのカット、パーツのアップ、ご兄弟とのカットなどを撮影します。

・ぐっすり眠っているところを撮影しますので、ママにも授乳等ご協力いただくこともありますが、お茶を飲みながらゆっくりとお過ごしください。

・ご兄弟もぜひご一緒にお越しください。ただ撮影時間も長くなりますので、近くの公園に連れ出してあげられるパパや、おじいちゃまおばあちゃまと一緒にお越しいただくことをお勧めします。


いろいろなカラーや素材のラップやアクセサリーをご用意しています。

カゴや背景用の布も色々ありますので、相談して使用するものを決めます。

コーディネート例。水色のパンツと帽子、ラップなど。男の子の場合。

ブラウンは、男の子でも女の子でもかわいいコーディネートです。


料金

50カット 平日30,000円 土曜日35,000円(日曜日・祝日はお休みです)

・赤ちゃんのお写真のほか、家族写真、兄弟写真、赤ちゃんの手足のパーツのUPなどをお撮りします。

・衣装、小物類のレンタル(カゴ、帽子、ベビーラップ、アーティシャルフラワーなど)

・双子ちゃんは+15,000円になります。

出張撮影も承ります。

横浜市金沢区まで距離がある場合、上のお子様がまだ小さい場合、ママの体調などの関係でお越しいただくのが難しい場合などは、出張撮影に対応しております。

 

温度や湿度に気を配りますので、暖房にご協力をいただきます。

また、自然光の入る窓辺に撮影セットを作らせていただきます。出張撮影をご希望される際は、室内の写真を一度お送りいただき、ご相談させていただきます。

 

出張撮影の場合は出張費をいただいております。

対応エリアは、横浜、鎌倉、逗子、葉山、藤沢、川崎、東京都大田区、品川区あたりです。

車に必要な機材を積んでいきますので、近くに停めさせていただく必要があります。

遠方の場合は、渋滞の懸念がありますので電車で伺います。大型のセットはお持ちできませんが、大きなスーツケースにパンパンに詰めてお伺いいたします。

TRESHOOのニューボーンフォト撮影について

近年、ニューボーンフォトの撮影を行うカメラマンやスタジオがとても多くなりました。

ふにゃふにゃの新生児期に記念写真を撮ることは、とても記念になり素敵なことだと思いますが、新生児の赤ちゃんを扱うのは簡単なことではありません。

TRESHOOは、以前はお産の撮影も行っていました。→こちらのブログ記事をご覧ください。

自信も3人の子育てを経験した母親であり、助産師コースのある看護大学で学んだ経験もあります。

また、機会があればニューボーンフォトの専門家が開催するセミナーに参加し、安全なポージングや撮影について研究しています。撮影も、温度管理や衛生管理を心がけ、新生児という特別な時期の撮影を安心して受けていただけるよう努めております。